「和の叡智」実践講座㏌秩父 ~『日本の神託カード』から学ぶ和の叡智&「神仏習合と修験道」~

「和の叡智」実践講座㏌秩父 ~『日本の神託カード』から学ぶ和の叡智&「神仏習合と修験道」~
開催日
2018年11月23日(金) 〜24日(土)
料金
¥18,000

受講のお申し込みをする

内容

秩父神社正式参拝と『日本の神託カード』ワークショップ、
「神仏習合と修験道」についての講演や密教瞑想ワークなど、盛りだくさんの内容で
森羅万象(神仏)を感じていただくための講座です

日本の国は恵まれた風土と四季があり古の時代から森羅万象とともに多様な信仰文化を築き上げてきました。

このことは現代においても様々な習慣や価値観にみることができます。神道、仏教、密教、道教、陰陽道、修験道など相互に影響することで独特な信仰形態をはぐくみ、明治の神仏分離まではむしろ神仏習合の状態が一般的でありました。

本講座ではそんな和の叡智を「日本の神託カード」から学んでいただき、また森羅万象との調和を旨とする「修験道」のワークショップを通じて神仏を感じていただく実践講座です。

また開催地としては関東の神仏習合一大霊場である埼玉県秩父を中心に開催することとなりました。

【予定しているワーク】

  • 秩父神社正式参拝
  • 「日本の神託カード」ワークショップ
  • 「神仏習合と修験道」講演
  • 神仏習合ワーク、秩父今宮神社、秩父観音霊場札所参拝
  • 「秩父曼荼羅小屋」龍王祭参加、密教瞑想ワーク

こんな方におススメ

・神仏習合に興味のある方
・大自然と感応したい方
・心と体の調和を実感したい方
・古の智慧や叡智に興味のある方
・セラピストやヒーラー、カウンセラー、鑑定士として活動の幅を広げたい方
・龍神にご縁を感じる方
・和の叡智実践伝達者の幅を広げたい方

日時

2018年11月23日(金・祝)〜24日(土)
・23日 13:00 秩父神社鳥居前集合
・24日 15:20 現地(天空山武蔵求道堂「秩父曼荼羅小屋」)解散
※15:50発の「皆野駅」方面行きバスにご乗車いただきますと、16:23に秩父鉄道皆野駅着となります

関連画像

場所

【23日】
・集合および参拝……秩父神社(埼玉県秩父市番場町1-3)
・講座会場……秩父表参道Lab 3F SKY-LOUNGE(埼玉県秩父市番場町17-14)

【24日】
・集合および参拝……秩父今宮神社(埼玉県秩父市中町16-10)
・ワーク会場……天空山武蔵求道堂「秩父曼荼羅小屋」(埼玉県秩父郡皆野町上日野沢)

料金

18,000円(税込)
・参加費には2日間の講座、ワークショップ受講料、社寺参拝料、その他諸経費が含まれております。
・23日の講座終了後、懇親会を開催いたします。ご参加者さまのみ別途6,000円をお支払いください。
・宿泊費、2日目の移動に伴う交通費は含まれません。宿泊は各自にて手配をお願いします。

※参加費は事前に銀行振込にてお支払いいただきます。
 講座のみご参加の方は18,000円、懇親会も合わせてご参加の方は24,000円をご入金ください。

講師紹介

houryu-prof講師:峯龍(ほうりゅう) プロフィール
大峯山修験道正大先達 大峯山龍泉寺 當山派修験僧  行者
天空山武蔵求道堂「秩父曼荼羅小屋」堂主

古の時代に修験道で栄えた長野県の飯縄で生まれ戸隠の自然に親しみ育つ。子供の頃から山や自然の中を好み奥武蔵の山々を歩き回る。

時を同じくして武道修行を始め、特に10代後半から空手道、格闘技のエキスパートとして様々な歴代武道家や選手と関りを持つ。武道空手の様々な全日本チャンピオンを育成指導した。自身は空手道の全日本選手権大会に於いて、全日本最優秀審判員賞を受賞。 東京武道館で開催された「第一回格闘技シンポジウム」で自身の技と理論を発表。

「技は間合いで変化する」
たまたま武道修行の一環で訪れた古道で神仏を感じ、修験の道に導かれる。

現在は森羅万象の探求のため修験道を中心に、密教、神道、武道など様々な信仰や行法を実践研究している。
主な担当は、修験道の先達としてお山のご案内、神社仏閣、札所巡礼のご案内、自己啓発講座、神仏関係講座、武道講座など幅広く対応している。

主な資格と所属
・日本山岳修験学会会員
・西国三十三所公認先達
・日本百観音結願(秩父、西国、板東)
・小豆島八十八ヶ所霊場結願
・日下開山武術府 武蔵求道塾宗師
・眞日本武道空手道連盟 常任理事 公認七段位師範
・正武天心古流拳法正統師範

・薬膳・漢方検定合格

ブログ https://ameblo.jp/musashigudo/

otsuka-prof講師:大塚 和彦 プロフィール
株式会社ヴィジョナリー・カンパニー  代表取締役
『日本の神様カード』『日本の神託カード』企画者

埼玉県出身。2001年有限会社ヴィジョナリー・カンパニー(現、株式会社)を五反田(東京都)で創業し、広告業およびヒーリンググッズ卸販売業を運営。

2006年、海外のオラクルカードよりももっと日本人が共感できるカードを創りたいと模索する中で、日本の神様をモチーフとしたカードという着想を得る。その後1年以上の製作期間を経て、2008年に『日本の神様カード』を出版。10年間で20刷の大ヒット作となる。

現在もオラクルカード・タロットカードの出版プロデュース、ヒーリングッズの卸売りなどを行い、制作・企画に携わったカードは40種を超える。同時に、2014年からは『日本の神様カード』使い方講座などのイベント・ワークショップも積極的に開催している。

株式会社ヴィジョナリー・カンパニー ホームページ
http://www.visionary-c.com/

大塚和彦オフィシャルサイト
http://otsuka.visionary-c.com/

関連書籍

秩父神社

Chichibu-img01八意思兼命、知知夫彦命、天之御中主神、秩父宮雍仁親王を祀る。

関東でも屈指の古社のひとつ。妙見信仰と習合し、長く「秩父妙見宮」として隆盛を極める。明治の神仏判然令により「秩父神社」に。毎年12月3日に行われる例祭「秩父夜祭」(国の重要無形民俗文化財と重要有形民俗文化財)は、ご祭神である妙見様にちなんだ祭礼。

妙見信仰とは、古代バビロニアにはじまり、インドと中国を経て、仏教と共に日本に伝来。北辰(北極星)・北斗(七星)を神座とする星辰の信仰として伝えられ、占術の神様ともいわれる所以。秩父夜祭は武甲山の男神と秩父神社の女神との年に一度の逢瀬の物語といわれる。社殿には名工、左甚五郎が施した彫刻が各所にみられる。

秩父今宮神社(八大龍王宮)

Imamiya-img01伊邪那岐大神・伊邪那美大神・須佐之男大神・八大龍王神・役行者を祀る。

今宮神社に入るとまず目に入るのが、樹齢千年を超えた大きなケヤキ。洞があいており龍神がすむといわれている。
龍神を祀る3つの条件「霊山(武甲山)ある」「洞(龍神木)がある」「湧水(龍神池)がある」

秩父神社の水分神事には、今宮神社の八大龍王のご神徳が乗った清龍の水の象徴である水幣が授与され、御田植祭がおこなわれる。このご神徳によって育った稲が収穫され、神様の恵みと力である水を、武甲山にお返しするのが『秩父夜祭』といわれている。

役行者を祀ることから秩父地方の修験道の中心地であったことがうかがえる。

※以上の解説については、各神社Webサイトを参照させていただきました。

秩父曼荼羅小屋について

Mandara-img01秩父観音霊場の結願寺、また秩父華厳瀧の少し上流に位置するところ、皆野町上日野沢という土地で古民家風の山小屋を改装。神と仏を祀る神仏習合の道場。大きな磐座の上に建ち、霊峰城峯山を水源とする清流があり、せせらぎの音、鳥の声が静かに響く。癒しと修験の場を提供。

管理人は夫婦で修験道の先達を補任し、自然と感応する修験道の視点からみた各地の社寺のご案内が得意。

毎月行われる龍王祭、秩父プチ修験道ワークショップ、御幣作り、カードリーディング、秩父観音霊場巡りなど行っている。毎年恒例の大峯修験ワークショップ(天河大辨財天社、大峯山龍泉寺など)は女性の参加が毎年増加している。大峯修験先達として来年で10年目となる。

https://musashigudou.jimdo.com/

キャンセル規定

キャンセルに際しましては、下記の規約に基づいて返金いたします。

  • 11月2日(金)までのご連絡…全額ご返金
  • 11月12日(月)までのご連絡…代金の20%のお支払いをいただきます
  • 11月15日(木)までのご連絡…代金の30%のお支払いをいただきます
  • 11月16日(金)以降のご連絡…全額お支払いいただきます

※返金の際の振込手数料はお客様負担となります。ご了承ください。

その他

  • お申し込み後、参加費のお振込先などの詳細をメールにてご案内いたします。その後、ご入金確認後に正式にお申し込み受付とさせていただき、参加証を郵送いたします。
  • 2営業日以内に弊社からのメールが届かない場合にはサーバートラブルなどの可能性が考えられます。お手数ですが、03-6380-5550宛にお電話にてご連絡ください。(受付時間:平日10時~18時/担当:五十嵐)
  • 申込後のキャンセルは原則的にお断りしております。ご予定など調整・ご確認の上、お申し込みくださいますようお願いいたします。
  • 『日本の神託カード』をお持ちの方は当日ご持参ください。※会場でもお買い求めいただけます。
  • お客様の個人情報は天空山武蔵求道堂「秩父曼荼羅小屋」と株式会社ヴィジョナリー・カンパニー(03-6380-5550)にて管理させていただき、運営からサポートまでを行います。