〜『古事記』をもっと知りたい!一歩進んだ『古事記』ガイド〜 生活に活かす『古事記』〜第1回 天照大御神を通じて知る和の叡智〜

開催まで1月きりました
〜『古事記』をもっと知りたい!一歩進んだ『古事記』ガイド〜 生活に活かす『古事記』〜第1回 天照大御神を通じて知る和の叡智〜
開催日
2017年3月15日(水)
料金
¥3,000

受講のお申し込みをする

内容

『古事記』をもっと知りたい!という方へ、『日本の神様カード』企画者が送る
毎回、一柱の神様に注目して『古事記』を学ぶ2時間
第一回目は、岩戸開きで有名な天照大御神です

Amaterasu-cards日本最古の伝承『古事記』を生活に活かしていくための講座です。毎回、『古事記』で活躍される神様から一柱をお選びし、その神様を通じて『古事記』を学んでまいります。
第一回目となる今回は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)。
伊勢神宮(三重県)のご祭神として広く崇敬される皇室の祖先神です。「天の岩戸開き」や「天孫降臨」といった『古事記』を代表するエピソードでも知られるこの神様の物語から、『古事記』上つ巻を学んでいきましょう。

トピック

  • 『古事記』における天照大御神
  • 三貴子の御阿礼
  • 須佐之男命(すさのおのみこと)とのうけひ
  • 天の岩戸開き
  • 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)による天孫降臨
  • 『古事記』の物語が現代に伝えていること

Amaterasu-keifu

単なる物語の解説になることなく、「現代の私たちにこの物語がどのように役立つか?」という視点にたった講座です。
日本の神様がカラフルなイラストで表現された『日本の神様カード』を使用しながらお伝えいたしますので、イメージ&理解しやすいと全国各地で好評を博しております。

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

※尚、『古事記』についてまったく知識がないという方でも理解できるように進めてまいりますが、ご不安な方はまずこちらからご参加ください。
「神社参拝が楽しくなる、はじめての『古事記』」 3月9日(木)開催

こんな方におススメ

・和の叡智について関心のある方
・『古事記』に興味があるけど、「なんとなく難しそうだなあ•••」と思っている方
・『古事記』が今の自分にどう関係するか知りたい方。
・もっと神社参拝を楽しみたい方
・神様や神社のことを知りたい方
・『日本の神様カード』を使っている方

日時

2017年3月15日(水)18:45〜20:45 ※18:30開場

関連画像

場所

株式会社ヴィジョナリー・カンパニー 事務所内

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-9 シャンヴィラ・カテリーナ3F
tel.03-6380-5550

東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅より徒歩3分

料金

3,000円 ※資料代込み

※当日現金にてお支払いください。
お電話もしくはファックスでのお申込も受け付けております。
TEL:03-6380-5550(平日10時〜18時 担当:山口)/FAX:03-6380-5560

講師紹介

otsuka-prof-new大塚和彦

埼玉県出身。2001年有限会社ヴィジョナリー・カンパニー(現、株式会社)を五反田(東京都)で創業し、広告業およびヒーリンググッズ卸販売業を運営。2006年、海外のオラクルカードよりももっと日本人が共感できるカードを創りたいと模索する中で、日本の神様をモチーフとしたカードという着想を得る。その後1年以上の製作期間を経て、2008年に『日本の神様カード』を出版。7年間で16刷の大ヒット作となる。現在もオラクルカード・タロットカードの出版プロデュース、ヒーリングッズの卸売りなどを行い、制作・企画に携わったカードは40種を超える。同時に、2014年からは『日本の神様カード』使い方講座などのイベント・ワークショップも積極的に開催している。

株式会社ヴィジョナリー・カンパニー ホームページ
http://www.visionary-c.com/

大塚和彦オフィシャルサイト
http://otsuka.visionary-c.com/

天照大御神について

『古事記』で中心的な役割を果たす神様。古来より女神とされる。皇室の祖神であり、日本国民の氏神ともされる。須佐之男命とのうけひ、天の岩戸開き、天孫降臨など『古事記』におけるエピソードも多く、伊勢神宮(三重県)ほか、全国にご祭神としてお祀りされております。

『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)、『日本書紀』においては天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)と表記される。大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)大日霊(おおひるめ)などともいわれる。

『古事記』においては「天照大御神」という神名で統一されているのに対し、『日本書紀』においては複数の神名が記載されている。伊勢神宮においては、通常は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、あるいは皇大御神(すめおおみかみ)と言い、神職が神前にて名を唱えるときは天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)と言う。

その他

  • お申し込み後、会場の情報等の詳細をメールにてお送りします。
  • 2営業日以内に弊社からのメールが届かない場合にはサーバートラブルなどの可能性が考えられます。お手数ですが、03-6380-5550宛にお電話にてご連絡ください。(受付時間:平日10時〜18時/担当:山口)
  • 申込後のキャンセルは原則的にお断りしております。ご予定など調整の上、お申し込みくださいますようお願いいたします。
  • お客様の個人情報は株式会社ヴィジョナリー・カンパニー(03-6380-5550)にて管理させていただき、運営からサポートまでを行います。